15 49.0138 8.38624 http://athletesforfans.org arrow 0 arrow 0 1 Your e-mail has been sent! A problem has occured. Please try again. NEW HOT SALE 600

シナリオ参考例

プロジェクトを始める時に参考になるシナリオ例です。

地元にIMGアカデミーを!

地域スポーツ振興と地域活性化を目的としたプロジェクトであり、既に数万人規模の支援者・ファンが存在するか、または想定できる場合、引退したアスリートが中心となり地域の指導者や行政・経済界の協力を得ることで当該地域に特定競技または複数競技を対象とした米国IMGアカデミーのような選手育成組織の構築を目指すことが可能となります。
地域が過疎化している場合は、廃校になった施設の再利用などで可能な限り費用をかけないで地域に事業誘致することが出来るので、雇用や各種地産事業の活性化にも貢献できるプロジェクトになります。

キューバのエイデに学ぶ

野球大国キューバは、オリンピックで3度の金メダルを獲得、沢山のメジャーリーガーを輩出する驚異的なシステムが存在します。それが「エイデ」と呼ばれる素晴らしい育成システムです。キューバの15州にはそれぞれエイデがひとつあり、将来性を見込まれた13歳から19歳までの少年少女が英才教育を施されています。
上記のIMGアカデミーほど最新鋭の施設でなくても、過疎地域の廃校などを活用することで「エイデ」を日本で再現することは、1万人以下の支援者を集めることで比較的容易に実現できると思われます。

AED普及プロジェクト

AEDとは、突然心臓が正常に拍動できなくなった心臓に、除細動電気ショックを行う一般市民が使える救急救命機器です。日本では、救急車が到着するのに、平均8.2分(総務省消防庁調べ;全国平均)。除細動電気ショックまでの時間が1分経過するごとに、生存率は約7~10%低下します。救急車の到着を待っているだけではなく、一般市民が一刻も早くAEDを使用して除細動電気ショックを行うことが重要となります。
本支援プロジェクトは、誰でも使えるAEDをスポーツ活動の現場ごとに設置し、どこにいても1分以内でAEDが届き、5分以内の使用をめざし大切な”いのち”を守る視線プロジェクトです。

本支援プロジェクトでは、現場で”いのち”を守るため、現場にいるひとたちが誰でも躊躇することなく、AEDを使えるように支援してくださる皆さんと共に身近なスポーツチームや様々なスポーツ活動を行っている組織・団体へAEDを寄贈するとともに、実際に現場の沢山の皆さんがAEDを使えるように講習会の実施を行うプロジェクトです。
このプロジェクトは、約1千名超規模の支援者で比較的簡単に実現できます。
例えば、ワンコイン(500円)/月の継続支援とした場合、毎月寄贈先を増やし続けていくことが可能となりますが、約1千名超規模の支援者で始めた場合でも、寄贈先の募集を募ることで寄贈先の賛同者が支援者として加わる場合も多いので、プロジェクトを継続することで自然と支援者を増やしていくことが出来ます。

BUY FOR ME

E-mail Preview

Would you please buy this awesome piece for me dear? :)

SHOP NOW

Design Options

E-mail Settings